5月17日晩より金銀の高騰が始まりました。
提示している金額でのお渡しができなくなります。
ご注文時に価格をお確かめくださいませ。

アメリカではFRB廃止法案が提出されました。
お札の終焉が迫っているかもしれません。



          福岡県古物許可 901032210119号
    店舗ブログ
    大型金貨のブログです
    イギリス1729年ジョージ2世5ギニー金貨 PCGS MS62画像
    東インド会社は、その貿易活動から得た大量の金地金を王立造幣局に提供し、「E.I.C.」という出所マークを付けた硬貨を鋳造させた。おそらく、彼らは輸出のために大量の銀を国外に持ち出す役割も担っていたからであろう。また、この華やかな金貨の縁には、古い慣習であるクリッピングに対する「装飾と安全策」として、このコインが国王在位3年目に発行されたことが記されている。しかし、造幣局の公式の金貨生産高では、1729年の暦年には金貨は生産されておらず、ウッドヘッドはシュナイダーの金貨生産高の表で、EIC金貨が公式の数字に含まれるのは1731年になってからであり、その時の金貨生産高は305,768ポンドで、この治世の金貨生産高の中では少ない方であると指摘している。それにもかかわらず、2005年5月に発表されたこのカタログ作成者の共著による「サミュエル・キング」調査によると、1960年から2005年の45年間に、これらの通貨コインの49例が英国のコイン市場で取引されており、この治世で最も多く取引されている。おそらくこれは、EICタイプのファイブギニーがより多く流通から救われたためであり、特に、会社がもともとこのようなコインを、使用したり使ったりするのではなく、大切にするための贈り物として、後援者や寵愛を受けた人物に配っていたのであればなおさらである。例えば、キャロライン王妃が東インド会社の金貨を受け取ったという記録がある。この年、ロンドンのリーデンホール・ストリートに東インド会社の新本社がオープンした。1729年は、5ギニアにE.I.C.マークが付けられた唯一の年であり、EIC金貨の最初の年である。1729年、1730年、1731年、1732年、そして1739年である。1730年については、ハーフ・ギニアの発行しかないようで、それ以降の年はギニアとハーフ・ギニアのみである。いずれも、今日入手するのは稀か極めて稀である。

    イギリス1729年ジョージ2世5ギニー金貨 PCGS MS62

    商品説明
    左には若い月桂冠の頭、周囲を囲む伝説と歯の縁取り、GEORGIVS。II. DEI. GRATIA,rev.王冠を戴いた四分盾の紋章、王冠の両脇に日付、M.B.FE. ET. H. REX. F.D. B.ET. L.D.S.R.I.A.T.E.。E.、縁には浮き出し文字で日付が刻まれています。PCGS鑑定書610041.62/48333124によると、このコインは2024年2月現在、1729年のこの希少な品種のPCGSで2番目に高い鑑定を受けています。NGCを見ると、62段階の鑑定はされていませんが、3つのより細かい鑑定がされています。2021年9月現在、両サービスで鑑定された62枚のコインのうち、このコインより上質なものは21枚しかありません。
    Copyright ©PREMIUM GOLD COIN All Rights Reserved.