日本円の価値がガラガラと崩れています。
ドルやユーロ、ポンドに比べて、毎日価値が下がっています。
もう日本円はダメかもしれません。
つけている価格では、お出しできないことが多くなっています。
ご注文時にお尋ねくださいませ。



          福岡県古物許可 901032210119号
    店舗ブログ
    大型金貨のブログです
    イギリス1684年チャールズ2世5ギニー金貨NGC AU58の画像

    イギリス1684年チャールズ2世5ギニー金貨NGC AU58

    商品説明
    表面:月桂冠を戴いたチャールズ2世の右頭像。
    刻印【CAROLVS II - DEI GRATIA】
    裏面:ライオン、剣、盾、王冠、ハープのモチーフ。
    刻印【BR FRA ET HIB REX 1684 MAG】
    上部に王冠、十字型の盾、5弦のアイリッシュハープ、中央にはCをつなげた形の王家のモノグラム、年号1684は上部の王冠の左右に刻まれています。


    NGCによる総鑑定数は5枚のみ。
    表面に幾つかの小さな傷が見受けられ、髪の毛は少し柔らかく感じられます。
    この年代のコインのほとんどは「Detail」評価が多く、MS鑑定がつくことは稀で「ほぼ完全な状態の打刻」にあたります。
    トップにMS6が1枚、こちらはトップ2グレードにあたるAU58の評価が付けられています。
    1480万円でのお取り寄せでございます。



    チャールズ2世が始めたコインの歴史。
    【年号】
    実はチャールズ2世の治世である1663年から発行が始まった5ギニー金貨なのですが、1668年に発行されたものまでは年号が記されていませんでした。
    年号が記されるようになってからは、国王が亡くなる1685年の前年である1684年まで、毎年刻印されるようになりました。この年号が記されている5ギニー金貨は、17の異なる年代と6種類のデザインが存在しています。
    【プルーフ仕上げ】
    現在では数多く見かける「プルーフ仕上げ(鏡面仕上げ)」。
    これもチャールズ2世の治世から、流通目的ではなくコレクションを目的として始まりました。
    1662年に発行されたプルーフコインは、当時のヨーロッパでも屈指の技術力をもったイギリスの王立造幣局(ロイヤルミント)によって発行されました。
    しかし、発行枚数は極端に少なく、チャールズ2世によって発行されたプルーフコインは、存在が認められているのはごくわずかです。
    そのうちの1枚は、ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵しています。

    Copyright ©PREMIUM GOLD COIN All Rights Reserved.