1オンス ドル銀 現在銀 2025年銀 2029年金 現在金 2025年金 2029年
2021/01/2228 11,926 29,693 1,800 86,012 213,866 
2021/02/214,823 12,244 29,844 34,741 87,728 214,646 
2021/02/224,825 12,248 30,758 34,751 87,755 220,375 
2021/02/234,877 12,252 30,764 34,946 87,788 220,408 
2021/03/034,909 12,333 30,967 35,147 88,295 221,683 

US Debt clock (アメリカ借金時計)による金銀の価格予測です。アメリカでは既にNESARA法が施行され金本位制度になっています。
銀は今28ドルですがこの予測によると、既に4,800ドルで表示されています。GESARAが発行された直後の価格がこうなるということでしょうか?
また、今は28ドル、4年後はなんと12,333ドル(440倍)8年後は30,967ドル(1,105倍)の予測が出ています。
これを半分信じて、このサイトでも銀貨を扱います。カテゴリーで銀貨を選ぶと銀貨の表示が出ます。
赤字で書いた分が急激に上昇しています。

          福岡県古物許可 901031610068号
    アメリカ2009年20ドル金貨ウルトラハイレリーフNGC MS70DPL画像
    ◇ウルトラハイレリーフ金貨とDPLグレードに関して ウルトラハイリリーフ金貨は、2009年の1年間しか発行されず、 『One Year Type』と言われる、極めて稀少性の高い金貨です。 本デザインは、1848年アイルランド生まれのアメリカ人彫刻家である Augustus Saint-Gaudensによって産み出されました。 ただし、その当時の技術ではウルトラハイレリーフ金貨を鋳造する事はできませんでした。 それから約100年が経過し、セントゴーデンズの夢が現実となり、 2009年にウルトラハイレリーフ金貨が鋳造されることとなります。 (※65トンの重さによる圧縮を2回行い、本金貨は作られております) その為に本コインは、 1907年にセントゴーデンズがなしえなかったダブルイーグルのデザインを、 現代の技術をもって可能にしたコインと言われています。 この1年のみの限定で発行されたウルトラハイレリーフは、発行数わずか114,427枚。 その精巧なデザインからアメリカで最も美しい金貨と言われており、 国内外でもっとも人気の高い近代金貨の一つとなっています。 近年の価格の上昇は著しく、そして今後の価格も期待できる金貨になっております。 その中でも、特定のプレス機の型で一番最初に鋳造された金貨だけ『DPL』の仕上がりになったといわれております。

    アメリカ2009年20ドル金貨ウルトラハイレリーフNGC MS70DPL

    商品説明
    デザインは、1848年アイルランド生まれのアメリカ人彫刻家である Augustus Saint-Gaudensによって産み出されました。 ただし、その当時の技術ではウルトラハイレリーフ金貨を鋳造する事はできませんでした。 それから約100年が経過し、セントゴーデンズの夢が現実となり、 2009年にウルトラハイレリーフ金貨が鋳造されることとなります。 (※65トンの重さによる圧縮を2回行い、本金貨は作られております) そのため、非常に彫りが深く、曲線や細かい細部の美しさが際立っております。 さらに、手に取った際の重厚感やDPLグレードならではの光沢、 他のコインとは異なる重厚感ある厚みと美しいデザインは、 モダンコインならではの非常に稀有なコインと思います。
    Copyright ©PREMIUM GOLD COIN All Rights Reserved.